【バスケW杯】親善試合のハイライトから日本の注目選手をおさらい!

いよいよバスケットボールワールドカップ2019が始まりますね。

日本vsアメリカもあるほど注目を集めている大会ですが、
直前に強化試合を兼ねて親善試合をいくつか実施していました。

そちらの試合のハイライトなどを観つつ、注目選手についておさらいをしておきましょう!

【バスケW杯2019】日本代表の試合日程・放送日程一覧

8月25日 チュニジア戦

惜しくも負けてしまったチュニジア戦ですが、
怪我明けのある選手が存在感を発揮してくれました。

背番号12:渡邊雄太

今話題の八村選手とともに、現在NBAに挑戦している渡邊雄太選手ですね。
過去の国際試合では、怪我の影響もありプレイ時間が限られていましたが、
チュニジア戦では徐々に調子が上がってきていることを示してくれた試合でした。

フルのパフォーマンスが見れるWカップの活躍は非常に楽しみですね!

8月24日 ドイツ戦

背番号6:比江島

今年NBAのサマーリーグにもチャレンジするなど、今日本で注目を集めている選手の一人です。

高校時代は名門洛南高校で大学時代には専修大学とバスケ名門校出身の選手ですが、
昔から非常に多才で巧なプレーヤーです。

ドイツ戦では非常にタフショットを決めるなど、これまでの日本人選手では
当たり負けしていたところを切り拓いていける可能性を感じさせてくれるプレーを
見せてくれていたので、Wカップでは目が離せません!

背番号7:篠山竜青

最後の最後に試合を決定づけるフローターシュートを決めた選手。

普段はムードメーカー的な立ち位置の選手ですが、頼りになるポイントガードで、
気持ちのこもったプレーをされる選手なので、海外のプレッシャーの強い選手相手に
どこまで立ち向かう事が出来るのか非常に楽しみです!

8月22日 アルゼンチン戦

アルゼンチンといえば世界ランキング5位と非常に強いチームなのですが、
アルゼンチンとも非常に戦える姿には希望を感じました。

背番号8:八村塁

今この選手を知らない人は少ないのではないでしょうか?

今年NBAドラフト1巡目指名をされたことで話題になっている八村塁選手です。
明成高校出身で、高校時代から非常に注目を集めていましたが、
名門ゴンザガ大学へ進学し、大学のNCAAでも活躍するなどアメリカの一流選手とも
互角に戦える選手のうちの一人です。

Wカップでの活躍は非常に楽しみです♪

まとめ

Wカップ前の国際試合のハイライトなどから注目選手について記載をしました。
他にも注目してほしい選手は多くいるのですが、
全員紹介すると大変なことになりますので、今回はこの辺でご勘弁ください。笑

個人的には背番号3の安藤誓哉選手を応援しています!

是非あなたも好きな選手を見つけて一緒に日本代表を応援しましょう!

スポンサードリンク





 

1 Comment

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です